コミュニケーションの達人を目指そう!

コミュニケーションの達人を目指して、コミュニケーションに関する本を紹介、レビューします。心理学的な面からの本、コミュニケーション・スキルを扱った本、またコーチングやファシリテーションに関することまで、コミュニケーションを究めます。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
キリスト教牧師の全お仕事
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



続きを読む前に、応援のワンクリックをお願いします!
Blogランキング参加中です。


- | | - | - | pookmark
勝ち組の人材マネジメント―スターバックス急成長を支える自律型組織に学ぶ
評価:
毛利 英昭
商業界
¥ 1,890
(2005-04)
Amazonランキング: 63811位
Amazonおすすめ度:
他業種オーナーも営業マンも必読!
成長の秘密。
JUGEMテーマ:読書


自律型の組織といっても、
ほったらかし、ではない。


続きを読む前に、応援のワンクリックをお願いします!
Blogランキング参加中です。


自律型の組織マネジメント、というと、
ひとりひとりがしっかりしていて、
まかせておけばほとんど大丈夫、ということをイメージします。

でも、実際は、そんなふうに自律している人間なんて、
限られているものです。

だからこそ、この本の後半は、
コーチングやファシリテーションの重要性を説いています。
自律型の組織には、自律支援のコミュニケーション、
というわけですね。


スポンサーサイト


続きを読む前に、応援のワンクリックをお願いします!
Blogランキング参加中です。


- | 05:13 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://compro.jugem.jp/trackback/16