コミュニケーションの達人を目指そう!

コミュニケーションの達人を目指して、コミュニケーションに関する本を紹介、レビューします。心理学的な面からの本、コミュニケーション・スキルを扱った本、またコーチングやファシリテーションに関することまで、コミュニケーションを究めます。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
キリスト教牧師の全お仕事
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



続きを読む前に、応援のワンクリックをお願いします!
Blogランキング参加中です。


- | | - | - | pookmark
よい上司ほど部下をダメにする
評価:
ジャン=フランソワ マンゾーニ,ジャン=ルイ バルスー
講談社
¥ 1,575
(2005-01)
Amazonランキング: 48328位
Amazonおすすめ度:
上司の思考過程と言動に原因を求める新しい書
部下の育成に行き詰まりを感じている方、一読を
タイトルにひかれたが…
よい上司じゃないけど、
読んでみた、いちおう。


続きを読む前に、応援のワンクリックをお願いします!
Blogランキング参加中です。


上司と部下の関係、コミュニケーションについて、
ある仮説が立てられる。

よい上司が部下のミスをみつけ、
できない部下だとレッテルをはり、
丁寧に指導しようとすると、
部下は信用されていないと感じ、
ますますやる気を失ってしまう。


でも、本当はできる部下なのかもしれない、
というか、たとえそうでなかったとしても、
できない部下だとレッテルをはらないようにしよう。


そのために必要なことは、
良いコミュニケーション。
良いコミュニケーションは、
お互いの信頼関係に基づいているもの。


最初の100日間で、
きちんと信頼関係を作る大切さが説かれています。
スポンサーサイト


続きを読む前に、応援のワンクリックをお願いします!
Blogランキング参加中です。


- | 16:57 | - | - | pookmark
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://compro.jugem.jp/trackback/14